金運アップのための風水大全集

金運は運の王様。金運の有無がすべての運を握ります。 豊かで充実した人生を送るための風水を紹介します。

8方位を割り出す~家の正しい方位を出す~

 家の北と中心がわかったら、8方位を割り出します。図面に磁北と中心と南を結ぶ線を引き(南北の正中線)、それと垂直に交わる線(東西の正中線)を引きます。そして東西南北が各30度、東北・東南・南西・北西が各60度になるように、分度器で振り分けます。

 ちなみに、正中線とは、東西南北の30度の範囲の真ん中を通る線のことをいいます。それ以外の4方位、60度の範囲の真ん中で通る線は「四隅線」と呼びます。特に東北と南西を結ぶ四隅線を「鬼門ライン」といいます。

 ここでみなさん不思議に思われるかもしれません。360度を8方位で割ると、1方位45度。でも30度と60度に分けています。これは、方位を十二支で表しているため。北は子、東北は丑と寅、東は卯、東南は辰と巳、南は午、南西は未と申、西は酉、北西は戌と亥となり、360度を十二支で割ると、1つの干支が30度。だから、北、東、南、西は1つの干支で30度で、東北など4方位は、2つの干支で60度になるのです。

 家の方位がわかったら、各方位の運気と照らし合わせてみましょう。2~3方位にまたがってしまう部屋がある場合、各方位の作用を受けますが、基本的には一番面積が大きい方位のパワーを受けると考えてください。ただし、キッチンではシンクやレンジ、トイレでは便器、バスルームでは浴槽、寝室ではベッドのある方位を重要視します。


家の中心を出す~家の正しい方位を出す~

 風水では、8方位+中央の9方位を考えるといいました。中央を知るためには、家の中心を出す必要があります。家の正確な間取り図を用意しましょう。建築地面がベストですが、ない場合は、外壁や各スペースの寸法を測って、方眼紙に縮図を書くといいでしょう。

 長方形や正方形の家なら、対角線が交差したところが家の中心。凹凸のある家なら、間取り図を厚紙に貼り、外壁や出窓、ベランダなどを切り落とし、コンパスなど先のとかったものでバランスとって探します。中央の範囲は、家の中心点から半径90センチの円内です。

 家の中心がどうしてもみつけられないという場合は、(100%おすすめできませんが)中心と考えられる大体の場合に、観葉植物などを置いて、家の中心をつくり出すのも方法です。


まず北を調べる~家の正しい方位を出す~

 家に風水を実行するためには、まず家の8方位を調べることからはじめます。家の正確な方向が分からなければ、気の流れをつかめず、パワーを呼び込むことができませんからね。風水では、「磁北」を北と考えます。磁北とは、方位磁石が指す北のこと。地図上の北は「真北」といい、磁北をは少しズレが生じます。建築図面が示す北は真北であることが多いので、方位磁石で測りなおしておいたほうがいいでしょう。

 また、近くに電化製品などがあると、磁石が反応して方位が狂いやすくなるので、家の中と外、2~3か所で測ってみましょう。


金運アップの「色の組み合わせ」を知る

 色と色を組み合わせることで、相乗効果でパワーを高めることが可能です。金運カラーの黄色と21世紀のラッキーカラーのゴールドをベースに、ほかの色をプラスすることで生まれるパワーを説明します。



●黄色+白=財運アップ
 貯めたものを包み、育ててくれるので、大きな財産になります。

●黄色+ゴールド=最強の金運
 金運にタイミングを与えてくれるので、ツキのある生活を送ることができます。

●黄色+ベージュ=金運を大きく育てる
 現状の金運に満足している人でも、その金運を大きく育んでくれます。
そうでない人も、金運の種から芽が出るでしょう。

●黄色+赤=臨時収入が期待できる
 思わぬ臨時収入やギャンブルで大当たりが期待できます。

●黄色+ラベンダー=宝くじ運アップ
 宝くじやギャンブルに使うお金や、貴金属などは、この色の組み合わせの箱や袋にしまっておくと○。
お金の厄落としをして、金運パワーが宿りやすくなります。

●黄色+ピンク=金運を呼ぶ出会いをもたらす
 金運アップの第一歩は、金運のある人と一緒に行動すること。
その出会いに効くのがその色の組み合わせ。玉の輿を狙うなら絶対おすすめ!

●黄色+ブルー=仕事運アップ・ムダ遣い防止
 仕事で結果を残したいなら、この色の組み合わせです。冷静な判断力で勝負に臨め、大きな利益を得ることができるはず。ブルーは支出を減らす色。黄色にワンポイントでブルーをプラスすることで、ムダ遣いを防げます。

●黄色+ワインレッド=経済的な自立を促す
 経済的に自立をしたいなら、この組み合わせが吉。
なかなかお金を返してくれない人と会うときに使うのも効果的です。

●黄色+シルバー=ムダ遣い防止
 しっかりとした金銭感覚を養うことができ、ムダ遣いや衝動買いを防いでくれます。

●黄色+ワインレッド=経済的な自立を促す
 経済的に自立したいなら、この組み合わせが吉。
なかなかお金を返してくれない人と会うときに使うのも効果です。

●黄色+シルバー=ムダ遣い防止
 しっかりとした金銭感覚を養うことができ、ムダ遣いや衝動買いを防いでくれます。

●黄色+グリーン=健康運・金運アップ
 金運をアップさせるためには、健康でいることが大前提です。
枯れかけた金運を蘇らせるパワーもあります。


●ゴールド+白=挑戦成功
 新しいことにチャレンジする人の金運をサポートします。
また、その結果をいい方向へ導くパワーも。

●ゴールド+赤=勝負運アップ
 仕事やギャンブルなどの勝負ごとには、この色の組み合わせが力を発揮。
気持ちが積極的になるので、前向きな考え方ができないときにも活用してください。

●ゴールド+ブルー=仕事運アップ
 仕事が出来る人はタイミングがいいもの。仕事におけるタイミングをよくして、
交渉や決断がスムーズにいけば、収入アップも期待できます。

●ゴールド+ラベンダー=冷静になれる・だまされない
 大切な商談や取引にはぜひ活用してください。失敗しない力を与えてくれます。
おいしい話に乗りやすい人や、振り込め詐欺が心配な人などもおすすめです。
 冷静に対処できる力を与えてくれます。頼まれごとを断るのが苦手な人の、この色の組み合わせが自分を守る力を授けてくれます。


パール~色の持つパワーを知る~

 ゴールド、シルバー、パールといえば、光りものの3女王。ゴールドとシルバーが金運や才能運に影響するように、パールも控えめで上品な輝きを放ちながら、金運と才能運を上げてくれる色。日本人に一番似合うアクセサリーがパールだといわれますので、ふだん使いで取り入れてほしいですね。必ずしも本物を使う必要はありません。


ベージュ~色の持つパワーを知る~

 心身に安心と安定をもたらしてくれる色です。個性的な色ではありませんが、ほかの色と上手に調和し、陰陽バランスを整えてくれるサポート的な役割を担います。世の中が不況で、心が乱れやすい年などは、ベージュが縁の下の力持ちになります。

 また、相手からいい答えを引き出したいときもおすすめです。家庭の安定にも欠かせない色なので、インテリアのベースカラーにしてもいいでしょう。


黒~色の持つパワーを知る~

 太陽の動きでいうと夜、季節でいうと冬表す色です。黒には秘密を守るパワーがあります。黒い服を着る人は多いと思いますが、実は風水では格が高く、使い方が難しい色とされてます。ここ一番というときや、各を上げたいときに活用すべき色です。また、黒は欠点を隠したり、本当の自分を隠す役割があります。全身黒ずくめにしたり、黒をたくさん使ったりすると、相手から「正体がわからず、信用できない人」だと思われてしまうことも。ポイントカラーとして使うといいでしょう。また、インテリアも黒のモノトーンでまとめるのはNGです。


茶色~色の持つパワーを知る~

 新しい命を育み、育てる力がある大地を表す色ですから、まず不動産運をアップさせるパワーがあります。また、大地に植物の成長を助ける力があるように、独立やひとり立ちを後押ししてくれるパワーもあります。家や家具に使われることの多い木の色も茶色ですから、家族を安心させ、温かく豊かな家庭を守り、育ててくれるパワーもあります。
 もうひとつ、忘れてはならないのが“隠す”パワー。隠し事がある人は、自然と茶色を身につけることが多くなるといいますよ(笑)。


ワインレッド~色の持つパワーを知る~

 ワインレッドは、表現や決断の曖昧さを明確にしてくれる自立の色です。大切な交渉ごとや決断の際に使うといいでしょう。自立したいときにもおすすめです。自立とは、自分勝手や自己中心的、という意味ではありません。自分の心をチェックし、見直し、成長するということ。先の見通しがなかなか立たず、将来に不安を抱えている人も、ワインレッドを上手に取り入れて、動揺のない強い心で幸せをつかましょう。


ラベンダー~色の持つパワーを知る~

 窓のないトイレにはラベンダー色。ラベンダーは厄落としの色です。窓がなくて換気ができず、不運がたまったままのトイレもラベンダーが厄落としをしてくれます。だまされたくない、イヤな目に遭いたくない、不運を引き寄せたくないという人は、ラベンダーの力を味方につけましょう。また、現金やお金に関するものをラベンダーと黄色が使われた箱や袋にいれておくと、お金の厄落としと金運を高める効果もあります。