いわずと知れた「西に黄色」。西は風水で金運のパワーを司る方位。季節でいえば実りの秋を表します。日本でも、秋に収穫される黄色い稲穂は、豊かな実りの象徴ですよね。この自然の流れと同じように、西側に黄色いものを置くことは、収穫、収入のパワーを導いてくれるのです。

 家の西には、黄色い花やフルーツ、絵画や雑貨などを飾りましょう。窓があるなら黄色いカーテンやタッセル、ブラインドをつけても。西に黄色いものを置く風水は、金運を上げる基本中の基本。何はなくとも一番に実行しましょう。

 さらに効かせたい場合は「西に黄色+ゴールド+白」もおすすめ。西方浄土という言葉があるように、昔から西は神様や仏様がいらっしゃる方向とされてきました。輝くように夕日が沈むのも西。黄金色の光には、豊かさや実りを意味する大きな金満パワーが放たれているのです。西側に黄色に加えて、ゴールドと白のものを置くことで、衰えている金運を蘇らせ、大きく実らせることができます。

 また、金運アップカラーの黄色は、ほかの方位や持ち物に使っても効果があります。