「その年の干支はその年の幸運を運ぶ」と風水では伝えられています。その年のラッキー方位に飾ることがポイントです。

 2011年でいえば、干支は卯(うさぎ)、ラッキー方位は東北と南西です、干支の置物は、置く場所をきれいにしてから、顔を家の中心に向けて飾ります。ラッキー方位のほか、枕元や勉強机の上、玄関などに飾ってもいいです。

 その年の干支の置物は、その年かぎりではなく、10年ほどパワーが持続します。ちゃんと過去の幸運を覚えていて、その幸運を覚えていて、その幸運を取り戻し、もう一度家の中に呼び込んでくれますから、マメにホコリをはらったり、「いつもありがとうございます」などと声をかけたりして、年が変わってもその場所に飾っておくようにしましょう。

 ちなみに、風水では10月頃から翌年の運気が動き始めると考えますから、干支の置物も10月に入ったら飾ってOK。新年の運をいち早くゲットできます。