結婚や出産、マイホーム購入など、人生における大きな選択をすることが多い20~40代は、何と言っても自分への投資が重要。そのためにも、金運や仕事運を高め、魅力がアップするような寝室インテリアを心がけましょう。

 寝室方位は、未婚の女性ならぜひ東南に。「巽(東南)の風は良縁を運ぶ」といいます。南も魅力を存分に発揮してくれますからおすすめです。男性なら、これらの方位のほか、バリバリ働ける東もいいでしょう。この3方位は夫婦の寝室方位としても○。「跡取りは東北の部屋を使わせろ」という風水もあるので、長男は東北の部屋を使うのもいいですね。

 また、枕の向きは、若く元気なパワーにあふれる時期なら東枕がおすすめです。毎日前向きにヤル気にあふれて生活することができるでしょう。もちろん北枕もいいですよ。いずれも枕元には干支の置物を。

 家の東南が寝室にできなくても、未婚女性は部屋の東~東南~南にベッドや布団を寄せて、東枕や南枕で寝るようにしましょう。ベッドサイドには花や香りのいいもの、細くて長いものを。そして、朝起きたら必ず窓を開けて風を入れるようにしてください。インテリアカラーはピンクを意識して。

 また、子宝に恵まれたいご夫婦は、風通しのいい部屋を寝室に。男の子を望むなら東や東北、北、北西の部屋がよく、女の子を望むなら東南や南、南西の部屋にします。そして、インテリアカラーはオレンジにし、ザクロの絵や実、さんかんの実のものなどを飾ります。

 そろそろマイホームを購入したい、というご夫婦は、寝室の中心からみた東北に雪山の絵を飾って、不動産運を高めましょう。もちろん、どの場合も寝室の中心からみた西方位に黄色いものを忘れずに。