1.5×1メートル以上の大きい鏡を、鏡面をむき出しにして置いていると、寝室が疲れてしまいます。鏡を使わないときは、方位と相性のいい色の布などをかけて隠すようにしましょう。また、洗面所などでは問題がありませんが、風水では寝室の鏡の角度を変えることを好みません。ドレッサーが三面鏡になっている場合は、使わないときは扉を閉めて、鏡の前に写真や香水の瓶を並べておきましょう。