金運アップのための風水大全集

金運は運の王様。金運の有無がすべての運を握ります。 豊かで充実した人生を送るための風水を紹介します。

風水の基礎知識

庭・ベランダのおそうじ風水チェック~「おそうじ風水」をマスターする~

 庭やベランダも運をつくり出す空間です。物置代わりに庭やベランダを使っていては、金運をつくり出すパワーも激減です。庭は雑草をマメに拭いて、住人にとっても植物にとっても居心地のいい空間をつくりましょう。枯れ葉やゴミはほにうきで掃きましょう。ベランダも同様にきれいにして、植物を育てるといいですね。定期的に拭き掃除もしてください。外に落ちた厄を、きれいに拭きとることができます。

 もちろん、枯れた植木や観葉植物はそのままにしておいてはダメ。枯れた植物は厄を背負ってくれた印なので、感謝してから処分するようしましょう。



窓のおそうじ風水チェック~「おそうじ風水」をマスターする~

 風水では、窓の曇りは運気の曇りにつながります。掃除と同じくらい大切な「換気」も、窓を開けることでできますが、汚れていると運気も入れ替わってくれません。また、窓には悪い気を跳ね返す役割もあります。毎日窓を拭くのは難しいと思いますが、週に1度は内側、外側の順に、水拭きをして、ピカピカに磨き上げましょう。磨き上げたガラスのキラキラとした輝きは、インスピレーションを刺激して、くじ運もアップさせてくれます。

 また、網戸やカーテンも、窓と同じ働きをすると考えます。半年に1度は水洗いや洗濯をするようにしましょう。カーテンレールや窓枠などのホコリも見逃しやすいので忘れずに。


バスルームのおそうじ風水チェック~「おそうじ風水」をマスターする~

 バスルームは夫婦の愛情や男女の愛情運を左右する場所。そして体についた厄を落とす場所でもあります。家庭内に愛情がなく、外を向いているような家には、お金も寄り付きません。浮気や離婚に発展すれば、余計な出費の可能性も高くなります。

 バスルームでは、まず湿気退治を徹底すること。夜、最後に入浴した人は、お湯を抜いて、浴室内を簡単に拭き掃除し、窓を開けるか換気扇のスイッチをオン。換気扇は翌朝までずっと回しっぱなしにして、しっかり乾燥させましょう。浴槽のお湯には、1日分の家族の厄が溶け出ています。ためっぱなしにせず、毎日流すこと。

 2~3日に1度は、タイルや浴槽、鏡、蛇口を浴室用洗剤などでピカピカに磨きましょう。カビも週に1度チェックして洗ってください。シャワーヘッドなどの金属部分が曇っていると、カンが鈍くなることがあるので要注意。

 バスタオルは毎日替えるのが鉄則です。太陽に当ててよく乾かした、フカフカのものを使ってください。同じバスマットを長期間使っていると、ご主人の運気を下げて収入に影響が出るので定期的に交換を。


トイレのおそうじ風水チェック~「おそうじ風水」をマスターする~

 トイレが汚れていると、健康運を逃すだけでなく、置かんも流れ出してしまいます。特に最近の日本の住宅では、多くのトイレが東北(表鬼門)にあることも見逃せません。財運にも影響が出るので要注意。便器はもちろん、床や水洗タンクも、できるだけ毎日、ブラシやぞうきんで汚れやホコリを取り除きましょう。照明もホコリがつきやすいので忘れずに。よく、トイレの中に新聞や本を置いている家がありますが、トイレには基本的に何も置かないこと。厄を吸い取って凶アイテムになってしまいます。トイレットペーパーや掃除用具を置くのももちろんNG。また、スリッパは必ず使うようにしましょう。トイレ専用のものを用意し、汚れていなくても半年ごとに新品と取り替えるのがベストです。


リビングのおそうじ風水チェック~「おそうじ風水」をマスターする~

 才能運や家庭運を司るリビング。ここが汚れていると、居心地が悪く、家族が家に寄りつかなくなってしまします。外でお金を使うことが増えるので、やはり金運にも悪影響。家の中で一番広いスペースであることが多く、テレビやオーディオなどの家電もあるので、ホコリがたまりやすいといえます。まず、毎日掃除機をかけて、ホコリとゴミを徹底排除。四隅やソファ下のチェックも忘れずに。また、照明についたホコリや汚れも、できるだけ毎日とり除くようにしましょう。家族の才能を開花させる場所なので、いつも明るい光に満ちあふれるようにしてください。

 また、リビングは来客をもてなす場所でもあるので、ほかの場所より品格を意識するようにしましょう。ものを大切に使うのはいいですが、擦り切れたカーペットやソファ、壊れたオーディオ類を置きっぱなしにしていると、人を招くのがイヤになり、縁と円にも影響が。また、枯れた花は、腐敗して気が悪影響を及ぼします。

 読まない本や古雑誌も家庭運を下げるので、読んだらサッサと処分、整理する習慣を身につけましょう。